神木隆之介 病気だった⁈ 子役画像 身長などプロフィール「コントが始まる」も好評!

今回は、大河ドラマ「葵 徳川三代」(2000年)「義経」(2005年)「平清盛」(2012年)と3作出演し、活躍し続けている神木隆之介さんについてまとめていきたいと思います。

https://pbs.twimg.com/media/EzWI2ESVEAY1Omt?format=jpg&name=large



神木隆之介 病気だった⁈身長などプロフィール

神木隆之介(かみきりゅうのすけ)さんは、埼玉県出身の1993年5月19日おうし座生まれの

27歳(2021年4月現在)です。

血液型はB型。身長は168cm。所属事務所はアミューズでしたが、2021年4月1日に独立しました。

高校は、芸能人御用達の堀越高等学校TORAITコースです。

神木隆之介さんは、1995年2歳の時にトイボックスのCMで芸能界デビューしています。

病弱だった神木隆之介さんの生きた証を残すため、お母さんが事務所に応募したということです。

病状は重かったようで、生後間もなく原因不明の危篤状態が続き集中治療室で過ごしたそうです。

体重が減り続け、4ヶ月後ようやく目を覚ました時、お母さんは医師から「助かる確率はかなり低く、助かったとしても障害が残るかもしれない」と言われていました。

その後は、体調が悪くなれば病院にかかることが続き、病弱な幼少時代を過ごしましたが、小学校に入ってから徐々に良くなっていき、小学5年生になる頃には体育が得意になったということです。

神木隆之介さん自身は生死を彷徨うような体調であった事は覚えていないそうですが、小学6年生の時、お母さんが書いた日記を読んだそうです。

「僕自身は覚えてないので、なんとも言えない気持ちだったんですが、大変だったんだなと。もしかしたら死んでいたかもしれなかった。2回目の人生のようなもの。だから、感謝したいなぁって思います、何事にも」                      Yahoo!ニュース

小学生で、感謝できることは活躍し続けている大きな理由のひとつだと思います!

神木隆之介さんには、今も守り続けているお母さんが作った神木家の家訓があり、「かわいい人でいなさい」「真逆の意見でも一度は受け入れなさい」「実ほど頭を垂れる稲穂かな」の3つだそうです。

お母さんの教えを聞くことができる神木隆之介さんの素直さがすごいですが、やはり、大変な幼少期を支えてもらったという感謝からきているのでしょうね。

「かわいい人でいなさい」という家訓は、素直に謝ったり、嬉しいなどの感情を相手にすぐに伝えられる人のことであり、これは芸能界でも役立っているといるとのことです。

そして、お母さんと非常に仲が良く、喫茶店で待ち合わせをして2時間近く話し込んだ後、私服のセンスがないという神木隆之介さんのために、お母さんが洋服を見立ててくれるそうです。

ここまで頼りにされるとお母さんにとっても嬉しいことだと思います。


神木隆之介子役からの経歴

神木隆之介さんと言えば、天才子役として有名でしたが、子役から20年以上も活躍し続けている希少な俳優です。

2歳にCMデビューしたときの画像です。

javascript:void(0)

リンク先では踊っている小さい頃の神木隆之介さんのホームビデオも見られます。

https://www.instagram.com/p/CFTVDFyn_RM/?utm_source=ig_web_copy_link

写真に’96とあるので3歳の頃ですね。やはりかわいいですし面影がありますね。

そして、1999年6歳の時にドラマ「グッドニュース」で俳優デビューをしています。

Twitter / アカウント凍結
ニュース速報、エンタメ情報、スポーツ、政治まで、リアルタイムでフォローできます。

神木隆之介さんは、SMAPに憧れていたそうで、中居正広さんと共演した頃はすでにファンクラブに入っていたということです。

2004年11歳で映画「お父さんのバックドロップ」に宇梶剛士さんとW主演、2005年12歳で映画「妖怪大戦争」主演、2006年13歳で連続ドラマ「探偵学園Q」の主演と順調にキャリアを積みました。

そして、大河ドラマにも出演していて、「葵 徳川三代」(2000年)「義経」(2005年)「平清盛」(2012年)と3作出演しています。

「平清盛」の磯智明プロデューサーは「天才子役から同世代を代表する演技派に成長した。純真無垢(むく)な心と類いまれな武力を併せ持つ義経を演じきれるのは、神木さんしかいない」と絶大な信頼を寄せている。https://www.nikkansports.com/entertainment/news/

神木隆之介さんは特に役作りをしているという意識はないそうで、生活の中で役になってみるという感覚で自然と役作りをしているという風に話されていましたが、台本を一度で覚えたり、台詞の強弱のつけ方が上手かったりなど数々逸話がありました。

さすが、100年に一人と言われる天才俳優ですね。

そして私が好きなドラマ「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」シリーズ(2010~2013)では子役から大人へと見事に変貌を遂げ、悪役を好演しています。

2014年に公開された、人気コミック実写化映画「るろうに剣心」シリーズ「京都大火編」「伝説の最後編」に出演し、「実写キャストは神木君しかいない」とファンの間でも熱望されていた瀬田宗次郎を演じています。

神木隆之介さんは、「るろうに剣心」の続編制作が決まる前から瀬田宗次郎役を演じたいと熱望して、アクションの練習に励んでいたそうです。

また、声優としても数々のジブリ映画に出演し、絶賛されていました。

2017年に将棋漫画「3月のライオン」が二部作で実写化され、神木隆之介さんが主演を務めています。

以降も活躍を続けていて、最近はauのCMや2021年4月24日から始まった「コントが始まる」も好評です!三枚目の新たな神木隆之介さんが見られるのは楽しみですね。

まとめ

神木隆之介(かみきりゅうのすけ)さんは、生後間もなく原因不明の危篤状態が続き集中治療室で過ごし、4ヶ月後ようやく目を覚ましました。

その後も病弱だったため、お母さんが生きた証を残そうと事務所へ応募し、2歳で芸能界デビューしています。

小学校へ入ってから病状が徐々に軽快していき、病弱だった頃の記憶はないそうですが、小学6年生の時にお母さんの日記を見て、「2回目の人生だと思い、感謝しかない」と言葉通り、お母さんと仲が良くお茶や買い物を一緒にしているとのこと。

子役から大人になっても活躍を続けている、100年に一人と言われるほど稀有な存在です。

数々の作品で実績を残し、台本を一度で覚える、役作りはしないなど逸話を持つ天才俳優でした。

仲の良い芸能人について今後追記していきます!


コメント

当ブログ管理人のプロフィール

日本史といえば大河ドラマ!ということで、出演俳優や、役どころと人物像を合わせることによって、日本史により興味が持てるような記事を載せていきます。 詳しいプロフィールはこちらから
プロフィール
当サイト運営者のsanaeと申します。アラフィフのブロガーです。 歴史と言えば年表を覚える科目で、深く知りたいと思ったことがありませんでしたが、年をとったせいか、最近急に日本のことが好きになり、歴史を知りたくなりました。 そして...
タイトルとURLをコピーしました