西島秀俊(にしじまひでとし)整形? 本名流出⁈劣化した?父は社長!「MOZU」主演

今回は、大河ドラマ「毛利元就」(1997年)で相合元綱役、「八重の桜」(2013年)に山本覚馬役で出演した、「おかえりモネ」に出演中のイケメン俳優、西島秀俊(にしじまひでとし)さんについてまとめてみたいと思います。

https://eiga.com/movie/94037/

快適、安全、便利なキャッシュレスライフを。:三井住友カード

西島秀俊プロフィール

西島秀俊(にしじまひでとし)さんは、東京都八王子市出身で、1971年3月29日おひつじ座生まれの50歳(2021年9月現在)です。

血液型はA型。身長178 cm。渡辺プロダクションから移籍後、クォータートーン所属。

西島秀俊さんは、八王子市立長房中学校に通学していたそうです。卒業後は桐朋高等学校へ入学し、バスケットボール部に所属していました。また、ロックバンドを結成しギターを担当していたそうです。

あのルックスで、音楽もしていたとすれば絶対モテていたでしょうね!

高校卒業後、西島秀俊さんは横浜国立大学工学部生産工学科へ進学しますが中退しています。在学中はアルバイトで中学生に数学の家庭教師をしていたようです。

21歳の時にドラマにレギュラー出演することになり、俳優の道で生きる覚悟をしたのかもしれないですね。

西島秀俊アイドルだった?

デビューから渡辺プロダクションに所属していた西島秀俊さんでしたが、事務所が求めるアイドル路線との方向性の違いから1997年から2002年までの5年間、民放のテレビに出演しないことを条件に事務所を移籍することを選択しました。

西島秀俊さんは、ビートたけしの大ファンで、「ビートたけしのオールナイトニッポン」などたけしさんが出演していたラジオ番組は欠かさず録音して聴いていたとのことです。

たけしさんが監督を務めた「Dolls」(2002年)の主演に抜擢され、たけしさんの小説が原作であるテレビドラマ「菊次郎とさき」(2003年・2005年)ではたけしさんの担任教師役で出演したそうです。

出演禁止中は、NHKのドラマとマイナーな映画出演だけだったそうですが、この間の努力が今の西島秀俊さんを揺るぎないものにしているんでしょうね。

「干されていた間、西島は酒や女に溺れることなく、ひたすら1人で映画館に入り浸っていた。食事をとる時間さえ惜しんで、映画館の暗闇の中でおにぎりをパクつき、ハシゴしては見続けた。その数、何と年に300本以上。そのすべてを役作りにぶつけた」「民放5年間出演禁止」で干され続けた西島秀俊がブレイクした男前な理由! | アサ芸プラス (asagei.com)

そして、民放テレビに出られるようになった直後、「Dolls」での主演で注目されたことが大きな再起のきっかけとなりました。

このオファーは、西島秀俊さんにとってとても心強く、励まされたことと思います。

そんな西島秀俊さんが俳優を目指すきっかけとなったのは、大島渚監督と話したことだったようです。

 「大学をやめても後悔しない道は何か」と思い悩んでいた矢先、映画界への興味を抱かせたのは、2013年に他界した故・大島渚監督の言葉だった。「大島監督が、撮影所の様子、映画作りの魅力を語っていらしたのを聞く機会がありまして。当時は映画のことを全く知らなかったんですが、映画を撮影する毎日が送れるのならきっと何があっても楽しい毎日を過ごしていけると思ったんです」。西島は映画界を目指し、「撮影所で仕事をしてみたい」といろいろな知り合いに声を掛けて仕事を探し始めたという。https://www.cinematoday.jp/cat/closeup/list

どうやら俳優ではなく、裏方を希望していたようです。当時の体格は細かったようですが、身長が高く、整った顔立ちなので周りが放っとくはずがないですね!


西島秀俊両親や兄弟は?

西島秀俊さんのお父さんは、京都大学出身で、なんと東芝関連会社の社長とのうわさです。

京都大学というだけでも凄いですが、西島秀俊さんのお父さんは、東芝の関連会社社長ということは、工学部だったのではないでしょうか。

中学生や高校生のころは、役者になりたいという気持ちは全くありませんでした。ただ昔から父親にはモノを作る仕事に就くよう言われていたので理系の大学に入りましたが、入学後、別のことに挑戦してみたいという思いが生まれて……」https://www.cinematoday.jp/cat/closeup/list

中退していますが、西島秀俊さんが工学部へ進学したのは、きっとお父さんの後を継ぐことも視野に入れていたのではないかと推察しました。

お母さんについては情報は見当たらず、社長の奥さんということになるので専業主婦の可能性が高いのではないかと思われます。

西島秀俊さんには海外勤務しているお姉さんがいるそうです。きっと西島秀俊さん同様で頭が良くて、語学が堪能なんでしょうね。

どうやら、とてもハイスペックなご家族のようですね!

西島秀俊さんが英語を話している動画がありました。所どころつまることはありますが、自然な英語なんだそうです。




私は英語について良く分かりませんが、通訳なしで英語で応じる西島秀俊さんの姿勢を尊敬します。


西島秀俊顔の変化

イケメンの西島秀俊さんになぜか整形疑惑があるようなので、写真を見比べてみたいと思います。

西島秀俊さんは、大学在学中にオーディションに合格し、1992年21歳の時、東京アクターズスタジオ第1期生となり、ドラマ「はぐれ刑事純情派5」に新人刑事の中上剛役で俳優デビューしています。

https://pin.it/6hhSGa5

翌年の1993年、ドラマ「悪魔のKISS」での新興宗教にハマる青年役や、ドラマ『あすなろ白書』での同性愛者役で注目を集めました。

https://newsee-media.com/asunaro-hakusho

1994年には、萩原健一さん主演の映画「居酒屋ゆうれい」でスクリーンデビューします。




ほどんど顔が映っていないのでわかりづらいですが、常連客の設定ということなので7:20辺りから座っている若い人だと思われます。

7年前になりますが、代表作である2014年「MOZU」の西島秀俊さんです。

https://www.bing.com/videos/search?

鼻を整形したのでは?と言われているようですが、デビュー当時から十分カッコいいですからよく分からないですね。

西島秀俊さんは、体重を15㎏減量をしたり、筋肉質の身体に仕上げるなど、役作りで体型を調整するほどストイックです。

オフの日には都内の高級ジムに通いトレーニングに励んでいるということでした。当時撮影していた大河ドラマの撮影の合間にも頻繁に通っていたと、関係者の声として紹介しています。

西島秀俊さんが通っているジムはアスリートや芸能人も多く利用していて入会金は5万円+月額5万円かかるそうです。このジムで、パーソナルトレーナーを付けて3時間ほどトレーニングをしているとのことですが、気になるメニューなどは明かされていません。

これほどストイックな西島秀俊さんですが、意外にもかなりの甘党で、撮影現場でチョコレートを食べたりしているそうです。現場に30種類以上のスイーツとそれに合わせたコーヒーを持ち込むこともあり、スタッフや共演者に振る舞い、共演者から「西島カフェ」と名付けられるほどなんだそうです。

お酒も飲むそうで、本人は全くストイックではないと語っているようですが、バランスの取れた筋肉やアクションシーン見るとストイックさを感じます。

食事にも気を遣っているそうで、食事は和食が好きで、どれほど朝が早くても朝食を抜くことはなく、必ず食べるそうです。

2014年12月に3年間の交際の後、16歳下の一般女性と結婚し、2016年4月には長男、2018年10月に次男が誕生しています。

同棲を経ての結婚だそうで、西島秀俊さんの厳しい条件をクリアした奥さんはプロ彼女といわれるほどの完ぺきな女性のようです。

朝から和食を用意するというだけでも、奥さんは貴重な存在だと思います。

西島秀俊ネット上で顔面違和感の声続出!

男前な西島秀俊さんには整形の噂がありました。どうしてなのでしょうか?

その理由は2016年9月放送の「アリナミンEX PLUS」のテレビCMのようです。




目が腫れているんでしょうか?これはそっくりさんなのでは??と思ってしまったくらい別人ですね。

2016年11月放送のCMではイケメンの西島秀俊さんに戻っています!




2013年と思われるラ王のCMの1分辺りから微妙な場面がありました!




どう思われましたか??

西島秀俊さんは、2014年に出演した番組で、食事の塩分を控える「塩抜きダイエット」をしていると語っていたそうです。

塩分の摂取量減らすことでむくみをなくし、体重を減らす効果があるらしいのですが、もしかするとこのダイエットの後に普通の食事に戻してむくんでいるようにも思います。

塩は人間にとって必要なものだしあまり体にはよろしくないような気がしますが。。。カリウムを摂ればむくみはなくなるんじゃないかと思うの単純すぎですかね。


西島秀俊は芸名だった!

あまりにもしっくりしていて考えたこともなかったですが、西島秀俊さんという名前は芸名なんだそうです。

「この前母は西島秀俊さんの免許証顔写真のコピーをとってきた笑 神山さんか~…笑」と、俳優・西島秀俊の免許証のコピーを不正に持ち帰ってきたことなどを語ったため、瞬く間に騒動となり炎上。すぐさまアカウントに鍵かけ、新アカウントへ移転という形で逃げをはかった。         http://japan.cnet.com/sp/smartphone_native/35065729/

苗字は「神山」さんらしいです。名字だけ芸名のパターンでしょうか。違う名前ならフルネームで書いてあるのではないかと勝手に推測しました。

2015年6月8日にりそな銀行は謝罪文を出していますので、りそな銀行の職員が流出させたようです。

ここまで取り上げられるということは、本名である可能性が高いように感じてしまいますね。

まとめ

西島秀俊(にしじまひでとし)さんは、横浜国立大学工学部生産工学科中退しています。在学中にオーディションに合格し、21歳の時、ドラマ「はぐれ刑事純情派5」で俳優デビューしています。

デビューから所属していた渡辺プロダクションが求めるアイドル路線との方向性の違いで、1997年から2002年まで、民放テレビに出演禁止を条件に事務所を移籍することになりました。

出演禁止中もたゆまぬ努力が目に留まったのか、2003年北野武監督映画「Dolls」での主演に抜擢され、注目されたことが大きなきっかけとなり、民放出演禁止が解禁となりました。

西島秀俊さんの父親は、京都大学出身で、東芝関連会社の社長との噂です。母親の情報はありませんでしたが、姉がいて海外勤務をしているということです。

鼻を整形したのでは?と言われているようですが、デビュー当時からあまり変わっていないように感じました。また、2016年の「アリナミン」のCMで別人と思われるくらい目が違っていて劣化したともコメントも見られましたが、役作りで塩分制限をしたりしているそうなので、その反動でむくみやすい体質になっているのではないかと推察します。

プライベートでは、2014年12月に16歳下の一般女性と結婚し、2016年に長男、2018年に次男が誕生していてますます仕事に力が入っているのではないでしょうか。

2015年には、本名流出のアクシデントもありましたが、それだけ人気があるということだと思います。

西島秀俊さんは、これからもその精悍な顔立ちと繊細な演技で、世間を魅了し続けること間違いなしのイケメン俳優です。



コメント

当ブログ管理人のプロフィール

日本史といえば大河ドラマ!ということで、出演俳優や、役どころと人物像を合わせることによって、日本史により興味が持てるような記事を載せていきます。 詳しいプロフィールはこちらから
プロフィール
当サイト運営者のsanaeと申します。アラフィフのブロガーです。 歴史と言えば年表を覚える科目で、深く知りたいと思ったことがありませんでしたが、年をとったせいか、最近急に日本のことが好きになり、歴史を知りたくなりました。 そして...
タイトルとURLをコピーしました